毛ジラミ駆除は卵まで! 

 

毛ジラミは少し放置しておくと、瞬く間に増殖して、症状も重くなってしまうそうですね。なぜなら、毛ジラミの繁殖力はものすごいからです。なんでも、約4週間という寿命の中で、40個程の卵を産むのだとか。となると、本当にあっという間に増える感じですから、発覚次第すぐに毛ジラミは駆除する必要がありそうですね。

 

しかし、毛ジラミ自体の駆除は、そこまで難しくはないそうです。なぜなら、毛ジラミは1~2㎜ほどの大きさを持つため、頑張れば肉眼でも見えるからです。となると、指でつまんで除去することもできそうですね。ただ、毛ジラミの卵となると、同じようにはいかないみたいです。なぜなら、特殊な接着成分で、陰毛に強く貼り付けられているからです。加えて、大きさも0.1㎜程しかないため、とても自力で全部取り切るのは無理とのことでした。

 

そうかと言って、陰毛を全部剃るのも嫌ですよね。すぐにまた生え揃うものではありませんから。そこで最近推奨されているのが、スミスリンシャンプーだそうです。なんでも、これはシラミ駆除専用の薬用シャンプーであるため、毛ジラミだけでなくその卵にも駆除効果を発するのだとか。そのため、2週間と多少時間はかかりますが、これ1つで卵まで駆除できるため、一番確実とのことでした。

 

毛ジラミには薬用シャンプーで対処!

   

 

毛ジラミの駆除は、実のところ、言う程簡単ではないそうですね。なぜなら、毛ジラミは寄生している間、性器周辺の皮膚から吸血することで痒みを引き起こすだけでなく、陰毛にたくさんの卵も産み付けるからです。その数は、メス1匹につきおよそ40個とのことでした。となると、毛ジラミを駆除するとなると、この卵まで一掃する必要がありそうですね。成虫だけを駆除したところで、残った卵が孵ってしまっては意味がありませんから。

 

しかし、卵は0.1㎜ととても小さい関係上、肉眼で見付けて全部除去するというのは、難しいそうです。そこで、対処法として推奨されるのが、毛ジラミを含むシラミ全般を駆除できる薬用シャンプー「スミスリンシャンプー」とのことでした。なんでも、これで3日に1回の頻度で、およそ2週間に渡り洗い続ければ、陰毛を剃ることなく毛ジラミを卵諸共駆除できるのだとか。

 

ちなみに、普通のシャンプーでも、毛ジラミの成虫は除去できるため痒みも抑えることはできますが、卵には浸透しないため、あくまでも一時凌ぎにしかならないみたいです。となると、何時毛ジラミにかかっても良いよう、スミスリンシャンプーを1本買い置きしておく方が良さそうですね。私も今度薬局で探してみます。

TOPへ