毛ジラミはどうして子供に少ないの? 

 

子供が頭ジラミにかかるケースは多いですが、毛ジラミにかかるケースはとても少なく、代わりに大人がその大半を占めるそうですね。種類は違うものの、同じシラミであるのに、なぜこのような差が出るのでしょうか?不思議に思ってちょっと調べてみました。

 

個人的には、毛ジラミは子供に寄生しにくいようできているのでは、と思っていたのですが、そういうことではないと分かりました。つまり、毛ジラミと頭ジラミと同じく、子供に寄生することは普通にできるんですね。それにもかかわらず、なぜ子供の毛ジラミが少ないのかと言うと…シラミの感染経路が大きく関わってとのことでした。なんでも、シラミはかなり直接的な接触を媒介しないと、他人に感染することは無いのだとか。

 

となると、毛ジラミを他人からもらうには、陰毛部分同士の直接的接触が必要ということになりますから…事実上、性交渉に限られるんですね。そのため、子供が毛ジラミにかかることは、大人に比べてとても少ないとのことでした。ただし、前述した通り、毛ジラミは子供にも問題無く寄生できる関係上、家族から共用のタオルなどを媒介にして子供が毛ジラミをもらってしまう可能性は十分あるため、その点は注意した方が良いみたいです。

TOPへ